2016年02月14日

「桜もち」

もうすぐ3月3日、ひなまつり。

ひなまつりに、まず絶対にでてくるのが「桜もち」ですが、
桜もちには、小麦粉などの生地を焼いて作られる関東系の「長寿寺(焼き皮製)」と、餅米を蒸して作られた関西系の「道明寺(道明寺粉制)」があるります。

ダイエット中でも桜もちを楽しみたい方は、まずはカロリーが低い方を選ぶのがポイント!


関東系・桜もち<長寿寺(焼き皮製)>
1個あたり 約95~140kcal

関西系・桜もち<道明寺(道明寺粉製)>
1個あたり 約80~120kcal

大きさにもよりますが、関西系の道明寺の方が若干低カロリーという結果がでました。


桜もちについている塩漬けされた「葉」ですが、様々な効果があるといわれています。


●血流を改善


●むくみ改善


●抗菌作用

葉を食べるか食べないかは人それぞれですが、一番は抗菌作用があることが特徴です。また塩漬けされているので、あんこの甘味を引き立てる「対比効果」が得られ、ダイエット中で甘味を控えている人には、うれしい効果です♪


あんこにもダイエット効果が?!

小豆には女性にうれしい効果もたくさん

●抗酸化作用
美容の強い味方「ポリフェノール」が豊富です!体のサビを防ぎ、老化を抑制する働きがあるといわれています。アンチエイジングに効果大◎


●鉄分
女性に多い症状「貧血」はしっかり鉄分を摂る事が大切。小豆からでも、手軽に鉄分を補給できるのはうれしいポイント。


●食物繊維
便秘がちな人には必須な栄養素です!不溶性の食物繊維が含まれるので、腸の動きを刺激し腸内の有害物質の排泄を促す働きが期待できます。


●ビタミンB1

炭水化物をエネルギーに変える時に必要なビタミン。桜もちに使われる、小麦粉や餅米は炭水化物の代表!小豆とあわせて、効率よくエネルギーに変えましょう♪

ひな祭りなどイベント等で食べ過ぎてしまう事はありがち。
食べ過ぎてしまっても次の日から調整すれば大丈夫!
大切なのは、食事バランスや運動でカロリーを調節していく事ですね。

i320.jpg
posted by ♂のミケネコ at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする