2016年02月20日

「お肌」を衰えさせない4つの食べ物

肌の老化は気づいたら進んでいるもの。
化粧水や美容液でケアするのも有効ですが、同時に「内側」から栄養を摂取する事で更に老化を食い止める事ができます。
お肌の老化防止に役立ってくれる食材を4つピックアップしてみました。鮭やレバーなど馴染みのある食材が老化にストップを掛けてくれます。

◆アボカド

“森のバター”といわれるくらい栄養豊富な果実の代表格であるアボカド。もちろんこちらもお肌の老化防止にうってつけな食材です。なぜならアボカドには、抗酸化作用のあるビタミンE、お肌の若々しさを保ってくれるコエンザイムQ10、シミ・ソバカスを防ぐビタミンCなどが含まれており、まさに食べるアンチエイジングサプリメント。美肌を目指すのであれば、こちらも鮭と同様に1日に1回は食べておくべきでしょう。

◆レバー

レバーにたくさん含まれている鉄分を摂取すると顔の血色が良くなり、老け見え要因となるクマやくすみを解消することができます。さらに新陳代謝を高め、肌のカサつきを防いでくれる良質なビタミンAや、ビタミンB群など女性にとってうれしい栄養素がいっぱい。しかし、レバーといえばニオイに若干クセがあり、好き嫌いの分かれる食べ物の1つです。そんなレバーが苦手という方は、いいお肉を使った焼き鳥屋へ行って食べるのがオススメ。名店のレバーは、ニオイにクセもなく苦手な方でも美味しく頂けますよ。

◆鮭

鮭の赤い身に含まれているアスタキサンチンという成分は、シミ・シワ・たるみを予防してくれる効果があり、アンチエイジングにはうってつけの食物。これだけでも十分うれしいですが、鮭の皮にはお肌の弾力をキープするのに欠かせない成分である、コラーゲンまで含まれているんです。朝食に、お弁当に、夕食に、1日1回は鮭を食べる機会を設けてみませんか?

◆スイカ

日本の夏の風物詩であるスイカも実はアンチエイジングに効果大。なぜかというと、スイカの赤い果肉には抗酸化作用の高いリコピンとベータカロテンが含まれているんです。リコピンと聞くと、トマトを思い浮かべる方も多いと思いますが、スイカのリコピンの有含量はトマトよりも上。さらに、美肌には欠かせないビタミンCとむくみを予防してくれるカリウムまで摂取することができます。こんな話を聞くと今年の夏はスイカをたくさん食べたくなっちゃいますね。


お肌の老化防止となると、ついスキンケアグッズや化粧品ばかりにこだわってしまいますが、こうして食に気をつける事で「内側と外側の両面から責める事」によって、より有効となってくる訳です。
biteki_bihadajuku_0202.jpg
posted by ♂のミケネコ at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする