2016年04月24日

“たんぱく質”とは

前回は、 太りにくい体を維持するためには筋肉量を増やして基礎代謝を高める事が重要という話をしました。
その筋肉を作る主成分のたんぱく質を理解して、効率よくダイエットに取り入れましょう。

1. たんぱく質とは
 “ たんぱく質” は英語でプロテインと言いますが、由来はギリシャ語の“Proteios”。その“第一に重要なもの”という意味の通り、生命活動を維持するのに必要な6大栄養素(たんぱく質、ビタミ ン、脂質、糖質、食物繊維、ミネラル)の中でも、土台となる栄養素の一つです。筋肉、つめ、 臓器、毛髪、血液、酵素、ホルモン、遺伝子など、 人体の様々な部位や生命活動の源がたんぱく質から成っており、動力源としても使われます。

2. アミノ酸の働き
たんぱく質を構成するアミノ酸は20種類存在します。そのうち9種類のアミノ酸が、体内では合成できない必須アミノ酸といわれ、体の外から摂取する必要があります。食べ物として体の中に摂取されたたんぱく質はアミノ酸に分解され、小腸で吸収されます。小腸で吸収されたアミノ酸は肝臓まで運ばれ、一部がたんぱく質に合成され、その他のアミノ酸とともに血液を通じて体の各部位に運ばれ、体内組織や酵素などを作る材料に使われます。たんぱく質は、体内でアミノ酸となって、体の多くの部分を作り上げる基となるわけです。

3. 動物性と植物性
 たんぱく質を多く含む食べ物としては次のものがあげられます。

・肉類(牛肉、豚肉、鶏肉、ハム、ウィンナー)
・魚介類(魚、貝、カニ、エビ、ちくわ、かまぼこ)
・卵類 ・大豆および大豆製品(豆腐、納豆、豆乳)
・牛乳および乳製品(チーズ、ヨーグルト)

 以上の様に、食卓でいつも目にする食べ物に含まれるたんぱく質ですが、その種類は 大きく2つ、“動物性たんぱく質”と“植物性たんぱく質”に分けられます。毎日の食事で気軽に摂取しているたんぱく質ですが、気をつけていただきたいのは、“動物性たんぱく質”から十分な量のたんぱく質を摂取しようとすると、余分な脂身も取ってしまうため、カロリーオーバーになりがちという事です。
 対して“植物性たんぱく質”を代表する“大豆たんぱく”は、栄養価が高く、コレステロールを含まず低カロリー。まさに良質なたんぱく質です。特にダイエット中の方は、大豆たんぱくを積極的に取り入れるように心掛けましょう。
F-42.jpg
posted by ♂のミケネコ at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

美顔器。ランキング


スクリーンショット 2015-06-14 22.45.05


 


 


 


スクリーンショット 2015-06-14 22.45.10


 


 


 


スクリーンショット 2015-06-14 22.45.16


 


 


 


スクリーンショット 2015-06-14 22.45.23


 


 


 


スクリーンショット 2015-06-14 22.45.29


posted by ♂のミケネコ at 00:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

太りにくい身体とは?

先ず、ダイエットを始める時に思い描くのは、 “着たい服が自由に選べて、無駄な脂肪が無くスッキリとしたスタイル”。そして、リバウンドせずその体型をずっと維持できる事が理想です。
では、どうしたら太りにくい体を維持できるのでしょうか?
その鍵となるのが基礎代謝と筋肉。効率よくダイエットをして、その体型を維持するためには筋肉量を増やして基礎代謝を高める事が重要なポイントです。

1. 基礎代謝とは?
 我々が、呼吸する事なども含めて生命活動を意地するのに必要最低限のエネルギーの事を基礎代謝といいます。 仰向けで横になり、腕や脚などを動かさず肉体的にも精神的にも安静にした状態のまま24時間で消費するエネルギー量です。私たちの体は安静にしていても血液を全身に送る為に心臓が働き、呼吸する為に肺が動く等、臓器は活動しています。また体温調節にも筋肉が働くためエネルギーが消費されます。

2. 筋肉量が基礎代謝に影響
 基礎代謝は、一日の総消費エネルギー量の約60% を占めると言われ、その約38%は筋肉で消費されています。筋肉は運動機能だけでなく生命活動の為にも働き、その燃料となるのが脂肪。筋肉量が多いほど脂肪が燃焼されやすくエネルギー消費量も多くなり、太りにくい体になるのです。

3. 基礎代謝と年齢
 基礎代謝は成長するにつれて高くなり、18歳〜20歳前後にピークを迎え、その後は徐々に低下していきます。食習慣が変わっていないのに、体重が増加傾向にあるという人は、基礎代謝が低下している可能性があります。 そして一般的に、男性が女性よりも基礎代謝が高いのは、女性は妊娠〜出産のため男性より多くの体脂肪を蓄えているうえ、筋肉量が少ないためと言われています。

4. 太りにくい体を手に入れるために
 太りにくい体は、基礎代謝が高く筋肉量の多い 体という事が理解できたと思います。基礎代謝は筋肉量に比例しますので、基礎代謝を下げない為には、今ある筋肉量を減らさないようにする事。
基礎代謝を上げるためには、筋肉量を現状より増やすことが大切です。ダイエット中にたんぱく質が不足すると筋肉が分解され基礎代謝の低下につながります。たんぱく質が不足しない様に、低脂肪で良質なたんぱく質を食事や栄養補助食品から積極的に摂取するようにしましょう。 また、適度な運動も取り入れると、よりスムーズ に太りにくい体質に変わっていく事が出来ます。


running_m.jpg
posted by ♂のミケネコ at 23:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする