2016年06月15日

コラーゲン

今や巷で女性に大人気のコラーゲン。
なぜそんなに人気なの?と聞けば、一番にあがるのが美肌効果。
しかし『コラーゲン』という言葉は知っていても「どんなものか、なぜ肌に良いのかはよく知らない」という人も多いようです。という事で今さら聞けないコラーゲンについてクローズアップしていきます。

まずコラーゲンとは、体を構成する様々なたんぱく質の一種と定義されます。人の体に存在しているコラーゲンは約30種以上も報告されており、その総量は全たんぱく質の約3割も占めているとか。ちなみにI型といわれる線維性コラーゲンが一番多く、骨や皮膚の真皮に存在。 この他、軟骨や眼球に存在するII型など体内のあらゆる組織を構成しています。コラーゲンの主な役割は、細胞と細胞の隙間に存在し、細胞を結合する働きや、体の 組織に弾力や強度を与える働きがよく知られています。 さらに最近ではコラーゲンが接する細胞に対して、増 殖したり分化したりするシグナルを与える、情報伝達の働きも担っている事が解明されてきています。

しかしコラーゲンは加齢とともに減少していきます。 一般的に20代半ばをピークにコラーゲン量はどんどん減 少し、40歳では20歳の約半分にまで減少すると言われています。このように加齢によりコラーゲンが不足すると、体に様々な影響が出てきます。

まず一番に判り易いのは肌の老化。若々しい肌の象徴である、ハリやつやが失われていく大きな原因の一つがコラーゲンの不足。この様な目に見える変化に加え、血管や骨の老化にも大きく関わっています。コラーゲンには血管のダメージを修復したり、血管をしなやかに保つ働きがあります。不足すると当然、血管は硬く傷つきやすく、傷などのダメージも回復しづらくなり、動脈硬化や脳梗塞などの症状につながっていきます。また骨は構造的にコラーゲン繊維にカルシウムが付着したもの。コラーゲンが不足すると、カルシウムとの結合性が低下し、密度も粗くなるので、スカスカの状態になってしまいます。 この様に動脈硬化や骨粗鬆症など見えない所で進行する深刻な疾病の原因が、コラーゲンの不足に関わっているのです。そのため、女性だけでなく男性もコラーゲンの大切さを認識する必要があるのです。また最近は食生活の乱れから、ビタミンCや鉄などコラーゲンの合成を促進させる栄養素が足りなくなり、若年層でもコラーゲンが不足しているケースが見られます。若さの源であり人の体に欠かせないコラーゲン、不足させない為にはその原料となる良質なたんぱく質を積極的に補給する事が重要です。
3426bc54fd7ce6682b95af3f197b1d55.jpg
posted by ♂のミケネコ at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください